no

パーティーチャットよりも出くわすことが少ないのが2ショット・双方向チャットです。男性からすると払うポイントが多くなるため手が伸びにくいチャットですが女性からすると常に200ポイント以上の安定した収入に繋がるため有りがたい存在でもあります。

そこで今回はそんな2ショット・双方向チャットについてお話していきたいと思います。

どれくらい稼げるの?

チャットレディと言えばパーティーチャットでがっぽり稼ぐというのがお約束のような気もしますが、売れっ子さんでない限り何人もの人数が入室して来たり覗きとして来てくれる訳ではありません。平常時だとほとんどの場合がメインさんだけ、多くても4〜5人くらいしか覗きがつかないことがザラにあります。

DMMの場合パーティーチャットは一分当たり100ポイントです。一人の人と60分チャットをして6000ポイント。報酬率が30%だと1800円です。

しかしこれが2ショットだと一分当たり250ポイントになるため60分のチャットで15000ポイント。
報酬率30%で4500円になります。さらにこれが双方向になると一分当たり400ポイント。60分のチャットで24000ポイント。報酬率30%で7200円にもなります。上と下では5400円もの開きがあるためかなりの高報酬であると言えますね。

2ショットとは?

2ショットとは読んで字の如く会員さんとチャットレディの二人きりで行われるチャットのことです。覗きも不可であるためゆっくり話がしたい時や女性を独占したい時に申し込みがあります。

ほとんどのサイトの場合2ショットは男性からの申し込みに女性が応える形で成立します。そのためパーティーで他の会員さんや覗きさんが多数ついている場合では断ったり、そのまま流すこともあります。覗きがあまりつかない女性にとってはすぐにでもOKしたくなる2ショットですが、売れっ子さんの場合だと覗きで稼げるであろう報酬額と釣り合わないため予約制にしている場合や、深夜のみOKにしている人もいます。

また、DMMの場合は待機画面から2ショットの申し込みを受けることが多いのですが、その際にお知らせ音がなりません。無音の状態で画面に表示され、しかも15秒以内に返答しないと自動的に断ってしまうことになるため少々厄介です。筆者は他のサイトを見ていたりして見過ごしてしまい、せっかくのチャンスを無駄にした経験がたくさんあるため、他のサイトを見るときはチャットのウインドウを小さくして常に表示させておくようにしています。

2ショットに移行すると男性はマイクを使うことができるため双方がマイクの場合は会話がスムーズに進行するメリットもありますが、直接の会話が苦手だったりする人はちょっとしんどいかもしれません。また、優しい男性もいますが怒鳴るような話し方をしたり、暴言を吐くような男性も存在するため当たってしまうと少しの間チャットに恐怖心がついてしまうこともあります。

筆者も怖い物言いの男性に当たってしまったことがあり、しばらくの間はマイクを使われる男性に恐怖心を抱いたことがあります。逆に声優さんのようなイケメンボイスの男性も中にはいらっしゃるのでそういった人に当たると仕事を忘れて声に癒されることもあります。

双方向とは?

続いて双方向チャットについてですが、これは2ショットの状態で男性側の映像が表示される仕組みになっています。つまりお互いの姿を見ながらチャットができる訳です。

エンジェルライブなどのサイトでは2ショットチャットに移行した時点で男性側はカメラもマイクも使用可ですが、DMMだと2ショットではマイクのみ可、双方向に移行するとカメラ・マイク可になります。ちなみにDMMの双方向チャットは一分当たり400ポイントのため中々お目にかかることはありません。

しかし、その他のサイトであれば2ショットでカメラを使われる男性も多いので頻繁に遭遇します。この双方向のメリットは何といってもお互いの姿を見れることですが、これはデメリットでもあります。男性側は自分のしているところを見せて女性が喜んでいると思っているようですが、ほとんどの女性はまず喜ばないでしょう。

そんな女性のために搭載されている機能が画面フィルターです。男性が映っている画面のみに濃淡が調節できるフィルターがかかるようになっていて、見たくなければ濃いフィルターをかければいいのです。フィルターをしていても薄ら見えてしまうことがあるため筆者は画面を最小にして見えないようにしています。

2ショットも双方向もお一人の男性とのチャットのためその方が退室されればチャットは終了します。いくら一分当たりのポイントが高いとはいえ短時間のチャットでは十分に稼げるわけではありません。そのためパーティーチャット以上に気を使い丁寧に接客することを心がけましょう。居心地がいいと思ってもらえれば少しでも多くの時間を一緒に過ごすことができます。

求められた要求はできる限り応えるようにしますが、どうしてもできない場合は丁重にお断りをしてその他のパフォーマンスを一生懸命こなし補いましょう。誠実さは画面越しにでも伝わるはずなので貴重な会員さんを逃さないためにも努力が必要です。