no

会員が女性を選ぶときに注目しているのはサムネだけではありません。
サムネの下に表示されている一言メッセージも意外とよく見られています。皆さんはどんなメッセージを表示していますか?空白だったり適当にしている人もいると思いますが非常に勿体ないことをしています。

では、思わず入ってみたくなるようなメッセージとはどんなものなのでしょうか?そこで今回は一言メッセージについて考えていきたいと思います。

一言メッセージは自己アピールの場所!

まず言いたいのは一言メッセージとは入室を促す重要な道しるべだと言うことです。そのため、サムネやプロフィールと同様にきちんと考えて書く必要があります。いくつかバリエーションはありますがスタンダードにいくならば自分のアピールポイントを前面に押し出すような文章が良いでしょう。

新人さんなら初々しさを思わせるような「初めて」「緊張」「恥ずかしい」などのワードを散りばめると男心をくすぐることができると思います。新人期間を抜けた女性〜ベテラン女性なら「巨乳・ちっぱい・美乳」「美脚」「色白」などのフェチ的要素や「おもちゃ」「母乳」「潮吹き」などの男性が喰いつきそうなワードを織り込むと覗きの数が一気に上がります。

待機画面一覧に表示されるのはサムネと一言メッセージだけなので、自分は○○ができる!○○が魅力!ということを限られた文字数の中で伝えることが必要になってきます。

リアルタイムで実況中継!?

パーティーチャットで誰もが気にするのが覗きの人数です。
女性側からすると報酬UPに欠かせない要素ですが、男性側からするとチャットの盛り上がりを示す指標なので双方にとって敏感になる数字だと思います。しかし、パーティーチャットも会員に興味を持ってもらえなければ覗きの数は増えません。

ここで登場するのが一言メッセージです。

チャット中でも一言メッセージは更新可能なのでしっかりアピールすることができます。待機画面を見ていると分かりますが人気のある女性たちほどリアルタイム実況をしているのはご存知でしょうか?リアルタイム実況とは現在行っていることをTwitterのように呟くことです。

例えば「脱いじゃった・・・」「バイブ挿入・・・」「潮吹きしちゃった・・・」というようにどんどん更新していきます。今何をしているのかが一目瞭然なので一人、二人と覗き人数が増えていきます。ただし、あまりにも頻繁に更新しているとメインさんが冷めてしまうこともあるのでほどほどにしておきましょう。また、偽りのメッセージも好ましくありません。嘘を書いて釣ろうとしている魂胆が見え見えなので悪い印象しか与えなくなってしまいます。

待機が続いたらメッセージの更新!

待機も仕事の内ですが、あまりにも続くようなら一言メッセージの更新をしてみましょう。
「ムラムラしてきちゃった」「一緒にしたいな・・・」などの積極的なワードに変えてみると覗きが増えます。

また、僅かでも報酬をと考えるならば奥の手として「即脱ぎ」のワードを入れるのも有りです。特に会員も女性も少なく活気のない昼間の時間帯だと即脱ぎに反応する会員は多く高確率で入室されるでしょう。しかし、即脱ぎと記載したからには即脱ぎをすることが求められるため短時間で終わってしまうチャットが多く諸刃の刃とも言えます。そのため、待機地獄からの脱却と言う意味では最後の切り札として考えるのがベストです。

NGワードってあるの?

サイト上で禁止されているのは規約違反を思わせるようなワードの使用です。規約違反とは性器露出や出会い目的という意味を含みます。サイトによってはNGワードを含んだメッセージを更新できなくなっているため違う文章にしましょう。女子高校生などの18歳未満を連想させるワードも禁止されています。

また、規約違反ではありませんが会員に避けられがちな一言メッセージ例として「お話しましょう♪」が挙げられます。これはアダルトチャット界では典型的に嫌われてしまうパターンです。多くの会員は話ではなくてアダルトを目的にサイトを訪れています。そのため「話をしたい=アダルトをしたくない」と捉えられてしまい入室どころか待機時の覗きの人数も増えなくなります。よほどの人気者でない限り通用しないので注意するようにしましょう。

一言メッセージも考えだしたら奥が深いものですね。
チャット歴がそこそこ長い筆者でさえ未だに悩むときがあります。時には常連さんと一緒に考えていたりもしますが・・・。しかし会員目線のアドバイスを貰えたりもするので意外とオススメです。

仲のいい常連さんがいるのなら一度相談してみてはどうでしょうか?
キャッチフレーズ的な一言メッセージを一貫して貫き通すのも悪くはないですが、時と場合に応じてメッセージを更新していた方がチャットに対してやる気があると思われるので、待機地獄に悩んでいる人は是非実践してみてください。