no

皆さんはチャットレディに対してどんな印象を持っていますか?

アンダーグラウンドな世界、ネット版風俗嬢などネガティブな印象をお持ちの方が多いでしょう。そしてそれと同じくらい危ない仕事だと思われているのも事実です。求人サイトを見ても危ない仕事だとは書かれていませんが、イマイチ信頼性に欠けるのだと思います。

そこで今回は現役チャットレディの立場からチャットレディという仕事は安全なのかを検証していきたいと思います。

個人情報について

一番心配されるのが個人情報の流失です。
住所・氏名・生年月日・電場番号を登録し、身分証明書を提示する必要があるのでとても不安ですよね。しかし、私が聞いた限りではライブチャットサイトから女性の個人情報が流失したことはないようです。

国内の大手のサイトだと個人情報をしっかりと管理しているので安心して大丈夫でしょう。ダイレクトメールなども一切届いたことはありません。

問題なのは女性自身が個人情報を話してしまうことにあります。

どんなに仲良くなっても本名や住所などは明かしてはいけませんよ!基本的に架空のプロフィールに沿って会話を進めていけば、どんなに探っても女性の個人情報にたどり着くことはありません。

キャプチャーの危険性!

危険と言う意味ではキャプチャーが大きな問題になってきます。ここで言うキャプチャーとはチャット内容を画像ファイルとして保存することを指します。このキャプチャーはチャットレディ側はされているかどうかが分かりません。確かめる術もないので相手の良心次第ということになります。

しかし、ほとんどの会員がしていると思ってもいいでしょう。スクリーンショットを撮ることだって、カメラで撮影することだってできる訳なのでどんなに禁止しようが糠に釘状態です。まだ個人で楽しむ範囲なら許せますが、チャットレディの人権にも関わってくるのがネットへの拡散です。掲示板にたった一枚張られただけで瞬く間に拡散してしまい、生涯自分の裸がネットの海を彷徨うことになりかねません。

実際にネットに流失させられた女性は数知れず。中でも顔出しをしている人ほどその被害にあっているように思います。家族や知り合いが見たらと思うだけでゾッとしますよね。そうならないためには、顔出しはしないほうが安全です。キャプチャーに関しては、顔出しは危険、顔出しをしない場合は安全であると言えるでしょう。

報酬の振り込みは?

生活費のために・・・学費のために・・・そんな切実な思いでチャットレディをしている人もたくさんいるでしょうが気になるのはちゃんと報酬が振り込まれるのか?という問題です。大手のサイトと専属契約を結んでいる場合は100%と言っていいほど期日に報酬を振り込んでくれます。これが代理店所属の場合少し状況が変わってきます。ほとんどの場合報酬はきちんと振り込まれます。

しかし、弱小代理店や担当者がいい加減な場合は報酬が振り込まれずトラブルになるケースもあります。そういう代理店は二次・三次代理店の場合が多いため、大元の一次代理店に連絡をしたら振り込んでもらえることもあります。また、最終手段として出演しているチャットサイトに報告する方法もあります。大抵の場合ここまでくると振り込みをしてくるので、受け取ったらすぐにその代理店を辞めましょう。現在、代理店は乱立状態です。良い代理店もあれば悪徳代理店もあるので口コミを参考に選ぶといいと思います。

筆者は最初から今の代理店に所属していますが、初期のころは振り込みが遅れることもあり不信感を募らせていました。ひどい時には一月以上振り込みがなかったため、もうこのまま辞めてしまおうと思っていたのですが、担当者が変わり期日通りに正確に振込をしてくれるようになりました。ですので、そのまま所属をしています。大事なのは泣き寝入りをしないこと。するとしてもそれはどうにもならなくなった時だけです。なので、報酬の振り込みに関しては、悪徳代理店に所属してしまうと少し危険かなと思います。

チャットを卒業するとき

生涯チャットレディを続けるという人はまずいないと思います。ほとんどの場合、結婚や妊娠・出産・年齢的な問題で辞めていく方が多いでしょう。そんな時に重要になってくるのがスムーズに辞めることができるのかと言う問題です。サイトと専属契約を結んでいる方はメール一本で退会手続きが完了するので心配する必要はありません。

代理店に所属している場合は契約書の内容を思い出してみましょう。
私の所属している代理店では辞める「一か月前」には申告するようになっています。他の代理店に関しては分かりませんが、おそらく2週間〜一ヶ月前の申告が多いのではないかと思います。一度も辞めたことがないのであくまでも憶測ですが、辞める旨をメールなり電話で伝えて一ヶ月は出演し、その翌月に報酬を受け取った時点で契約が終了になるのだと思います。中には理由を付けて辞めさせないようにする代理店もあるようですが、辞める旨を伝えているのなら期日を過ぎれば契約解消となります。

その際は必ずプロフィールや写真を削除するか、全くでたらめのものに変えておきましょう。いつまでたってもプロフィールが消されないと不安になってしまうものですが、その場合は出演していたサイトに削除要請を出します。しっかりしたサイトだときちんと対応してくれるはずなので大丈夫だと思います。そのため、チャットの卒業に関しては代理店次第で揉めることがあるので危険なこともあるといった感じになります。

チャットレディの仕事の危険性について書いてきましたが、声を大にして100%安全とは言い切れない結果になりましたね。一番安全なのは専属契約を結び顔出しをしていない人になりますが、専属契約は売れっ子にしか恩恵がこないのでこの選択は難しいですね。そもそも大手のDMMは代理店を介さないと登録ができないため、多くの女性は代理店に所属することになります。個人情報とキャプチャーの危険はある程度自分で防ぐことができるとして、残りの問題は代理店次第となってきます。

そのため、チャットレディの仕事が危険が安全かを決める大きなポイントは代理店にということになります。良い悪いの見極めが非常に難しいところですが、しっかりした代理店だと専属契約並みに安全であると言えるでしょう。