no

チャットレディとして報酬を得るためにはまずチャットを成立させなければなりません。接客業ですので人間相手の仕事になります。どんな人に対しても平等な姿勢で対応するのがプロだと言えますが、どんな会員がいるのかくらいは知っておきたいですよね。

事務所の担当者に聞いても実際にチャットをしている訳ではないのでいまいちリアリティに欠けた回答が返ってくると思います。そこで今回は現役チャットレディの視点で、どんな会員がいるのかをお話します。

年齢層はやや高め

一分ごとに料金を払って女性とチャットを楽しむシステムなので、ある程度収入が安定している中高年がメインターゲットになります。年齢層で言うと40〜50代の人が一番多いと思われます。続いて30代、20代というように年齢が若くなるにつれて会員数は減っていきます。

女性の平均年齢層はDMMのあちゃ(アダルト)で23〜25歳くらいなので、かなりの年齢差がありますね。

スマホの普及で若い人が増加中!

最近はスマホサイトからもチャットに入室できるようになっているので、若いユーザーも増えてきています。
筆者自身ここ一年の間でスマホからの入室者がかなり増えたなと思います。多い時は入室者の大半がスマホからだったりするので、必然的に若い方とお話をする機会も増えました。

20代半ばの若い人だと歳が同じくらいなので会話も弾みチャットを楽しむことができるので嬉しい傾向です。

職業は様々!

24時間年中無休のライブチャット業界なので登録している会員の職業は実に様々です。その中でも一番多いのがやはりサラリーマンです。役員の方や社長さんという方も結構いらっしゃいます。

深夜帯になるとシフト制で勤務する医療関係者や飲食店業界の人などが現れることがあります。中には昼休みに会社のトイレから入室してきたり、外回り中の車の中から入室してくる強者もいるので驚かされます。

イベント時は質の悪い会員も急上昇!

ライブチャットサイトで頻繁に開催されているイベントは割引料金でチャットができることもあり、ピーク時には会員数が3000人を超えることがザラにあります。しかし、裏を返せば質の悪い会員も急増することになり少々厄介なケースもあります。

どういうことかというと、普段は高くて手を出せない分ここぞとばかりに入室し即脱ぎ即行為を求めてくるのです。挨拶もせず開口一番「脱いで」「早くして」などの言葉が画面に並びます。そういった会員は脱ぐとすぐに落ちる傾向にあるので、即脱ぎをしてしまった場合は早くて一分でチャットが終了してしまうこともあります。安く見られたものですね。

このような会員は決まって普段の日は入室してきません。リピーターになることもまずありません。マナーの悪い会員に対していちいち対応を変えていては労力の無駄になってしまうので、いつもと同じペースで挨拶から始め会話を投げかけてみましょう。大抵の場合すぐに落ちます。脱いで落ちられるよりもこちらの方が何倍も良いですね。

ざっくりとですがどんな会員がいるのか分かっていただけたでしょうか?たくさんの人数のお相手をするので実に様々な人に出会います。

悪い人もいれば良い人だってもちろん存在します。

ですが、本当に良いなと思える人に出会うことはなかなかないですね。良いなと思える人は気配りのできる紳士的な方です。そんな人に出会ったらどうぞ全力でおもてなしをして常連さんになってもらってくださいね。