no

求人サイトや広告に出てくる女性は皆さん谷間があって巨乳なのに自分は・・・。そう思っている人もいるのではないでしょうか?筆者も残念ながら巨乳とは程遠く控えめ中の控えめバストです。チャットレディを始めようと思った時も「こんな身体じゃ誰も相手にしてくれないよ」とひねくれていました。そして、新人として登録したときはサバを読んで2カップも上のバストサイズにしていたほどです。

しかし、今では本当のバストサイズを堂々と公表し、そのサイズに魅力を感じてくれる会員さんがたくさん来てくれるようになりました。そこで今回は、女性なら誰もが気にしてしまう巨乳じゃないとダメなの?問題についてお話していきたいと思います。

人気女性だって控えめバスト!

各サイトで人気ランキングが発表されていますが、巨乳勢が多い中で控えめバストさんももちろんランクインされています。中には顔出しをされていない人だっています。そのため巨乳であるか否かは全く関係ないということになりますね。

巨乳だから人気になるという訳ではなくそこはやはりトーク力や魅力的なパフォーマンスにかかっていると言えるでしょう。

好みは人それぞれ!

好きな異性のタイプは人それぞれなように好みのバストサイズだって人それぞれです。巨乳が好き、控えめバストが好き、母乳が出る人妻のバストが好き・・・書き出したらキリがありませんが好みは千差万別です。

巨乳が好きな人は大きなバストの迫力や揺れ動く姿に魅せられ、控えめバストが好きな人はその可愛らしさや敏感さに魅せられているようです。また、男性に話を聞いていると大事なのは大きさではなく乳首の色や形だと言うのです。したがってどんなに大きくても胸が垂れていたりしていたのではダメなのです。理想は形が良くてハリのあるバストで乳首の色はピンクだそうです。

バストのサイズ別イベントがあるんです!

エンジェルライブには「おっぱい祭」と呼ばれるイベントが存在します。A・Bカップのちっぱい、C・Dカップのおっぱい、Eカップ以上の大おっぱいの3つの部門に分かれて時間をずらして開催されています。

どの時間帯でもまんべんなく会員さんから人気がありいつも賑わいを見せています。そして待機している女性を見ていて思うのが、ちっぱいさんほどスレンダーでスタイルがいい人が多いということです。

また、ロリ系だったりファンシー系のファッションもよく似合うためそれを武器にしている人もいます。やっぱり同じ女性としては巨乳の人に目がいってしまい「羨ましいなー」と思ってしまうものですが、こうやってバストのサイズ別にイベントを開催してくれると巨乳さんだけに人気が集中したりすることなくちっぱいさんもちゃんと稼ぐことができるのでありがたいですイベントです。

堂々公言!筆者は○カップです

ここで皆さんを勇気づけるためにも告白しますが筆者はAカップです。

・・・どうですか?元気出ましたか?筆者も冒頭でお話したように控えめなバストにコンプレックスを抱いており2カップ上つまりはCカップとプロフィールに書いていました。なるべく大き目のブラを付けてカサ増ししていたつもりでしたが、入室してくる会員さんには「Cカップもないでしょー」とよく言われていたものです。

その中で一人の会員さんから「○○ちゃんのおっぱいは美乳だね」と言ってもらえました。小さいのに美乳なんて・・・と思いましたが「美乳の基準は形と色だよ」と言われ凄く嬉しくなりました。そこで私は恥ずかしながらプロフィールで美乳であることをアピールするようになり、CカップからAカップへと修正しました。

すると思った以上に入室される回数が多くなり驚きました。私のところへ来てくれる人はほとんどがAカップのバスト目当てです。やはりちっぱいといってもBカップの人が多いのでAカップは珍しいのです。胸を見せるたびに「最高のちっぱいだ!」などと言ってもらえることが多いのでコンプレックスがだいぶ解消されてきました。

中にはちっぱい目当ての常連さんや、ずーっとおっぱいを眺めているだけの人、敏感な乳首だけをアップにして見たいという人などおっぱいマニアが集まるようになってしまいました(笑)この経験から巨乳は巨乳で武器になりますがちっぱいも非常に武器になると言うことが分かりました。

外見は頑張れば変えることはできますがブラを外してしまうとバストの大きさはごまかしがききません。そのためありのままの姿勝負になります。最初は巨乳さんだけに軍配が上がると考えられがちですが、ちっぱい好きさんは意外と多く存在しています。そして何よりも大事なのは美乳かどうかです。

乳首の色に関しては完全に男性の願望であるため、そんなに気にする必要はありませんが形に関しては将来の垂乳予防も兼ねてマッサージやトレーニングなどをしてみるのもいいかもしれませんね。筆者のようにチャットを始めてコンプレックスが解消された人もいるため、胸を張って堂々とご自分の素敵な身体でパフォーマンスをしてくださいね。