no

皆さんは待機時間について考えたことはありますか?
待機も仕事の内とは言われますが、カメラの前で視線を感じながらずっと座っているのは辛いものです。そこで今回は待機時間を短縮させる方法としてメリハリのある出演スタイルをご提案します。

ダラダラ待機は悪印象

チャットレディという仕事を選んだ理由はズバリ高収入だからだと思います。

もっと高くもっと上へという気持ちは素晴らしいのですが、目先の報酬に囚われ過ぎていて何時間も、中には十何時間も待機し続けている人がいます。
これは、少しやり過ぎですよね。
会員側からしても「この子いつもいるけど人気ないのかな〜?」なんて思われているかもしれません。また、代わり映えしない待機画面が延々と続く訳なので飽きられても仕方がないですね。

女性の立場を考えると一分一秒でも長く待機してチャットに繋げたいと考えていることが分かりますが、その行為が裏目に出てしまっています。実際に待機したことのある皆さんなら分かると思いますが、結構疲れますよね。

座っているだけと思われがちですが、カメラに映っているので精神的な負担が大きいです。そんな待機を何時間も続けている訳ですから、当然疲れも見えてきて姿勢も悪くなってきます。
表情も冴えない感じになってしまい好印象とは言い難い姿です。負の連鎖を呼び悪循環になって結果、チャットが成立しなくなります。

メリハリのある出演で飽きられない工夫を!

待機地獄の悪循環を脱出するためにまずは休日を設けましょう。
会社勤めと同じように週に1回は心身のリセットを行う必要があります。

できるならば、ここで敢えて1週間ほど休んでしまうのも一つの手です。人のイメージというものは中々変えることができませんが、しばらくお休みすることで新鮮さを与えることができます。レア感を出すくらいが待機時間も短くなりますが、そんなに休んでいられないという人も多いでしょう。そんな人は、出演する時間を決めましょう。

「○○時から出演する」「○時間超えたら終わりにする」など自分の中でルールを決めておきます。一日の中でチャットに避ける時間を決めておくと自分自身も時間の管理がしやすくなります。
特定の時間だけ出演することでメリハリが出てくるので、飽きられることも少なくなりチャット率も上がっていきます。

筆者自身「待機が続くな〜」と思った時は2・3日お休みするようにしています。
大抵の場合休み明けはチャット率が上がるため、短時間で仕事を終えることができています。会員の入れ替わりが激しい世界だからこその結果だと思います。

皆さんもメリハリのある出演で待機時間を減らし効率よく稼ぎましょう。