no

女性が敏感に反応するのは年齢ではないでしょうか?
チャットレディの世界には若い女性が多く30代40代の大人の女性ならついつい気後れしてしまう気持ちもあるでしょう。そこで気になるのが年齢設定です。

サバ読みはしていいの?実年齢を公表すべき?今回はそんな疑問にお答えしていきます。

身バレ対策としてのサバ読み

チャットレディの最初のお仕事はプロフィールの設定です。
その際に生年月日を記入する箇所がありますが、本当のことを書く必要はありません。
多くの人が身バレ対策としてサバ読みをしているので罪悪感を感じなくても大丈夫です。サイトによっては誕生月などが表示されることもあるので実年齢を記載する際は誕生月をずらすなどの工夫をして対策をしましょう。

また、代理店に登録してプロフィールをお任せで作成してもらった場合、生年月日がそのまま記載されていることがあるので公開する前に必ず自分でチェックするようにしましょう。

−5歳までを目安に!

サバ読みは自由にして構いませんが限度というものがあります。画面に映る姿と年齢にギャップがあるほど会員から疑いの目を向けられるのでINされにくくなります。概ね−5歳を目安にしましょう。

確かに若い女性は人気がありますが、飽きられるのも早いです。落ち着いた大人の魅力を好む会員も大勢いるので若さへのこだわりは捨てましょう。チャットレディはトーク力と頭の回転がものを言う世界です。

敢えての逆サバ読みでギャップ効果を狙う!

中には敢えて逆サバを行う女性もいます。どういうことかと言うと例えば、実年齢は30代なのに公表する年齢は40代に設定します。実年齢が30代なのでもちろん若く見え、40代なのに綺麗なお姉さんという印象に変わります。

いい意味でのギャップは会員の興味を惹きつけるので、のぞきも増えチャットに繋がりやすくなります。その代わり年齢に見合った落ち着きが求められるので自然な振る舞いができるようにしましょう。会話の中でもボロが出やすいので要注意です。

チャットレディはプロフィールを自由に設定できますが、その中で誰もが一度は悩むのが年齢だと思います。
実年齢とかけ離れたものはNGですが良い意味でのギャップを狙ったサバ読みなら大きくごまかしても大丈夫です。身バレ対策のため、自分をよりアピールするためなど理由は様々ですが上手にサバ読みをしてチャットレディとしての第一歩を踏み出しましょう。